ことわざ【会うは別れの始め】の意味

会うは別れの始め
(あうはわかれのはじめ)

出会いがあれば必ず別れがあるということわざ。
親子、友人、夫婦、ペット、あらゆる出会いや結びには、やがて別れる時がくるという人生の無常をいう。

目次
閉じる